アムヌガマ スリランカ財務計画・国際資金協力相 2011.6.21

Dr. Sarath Amunugama Sri Lankan Deputy Minister of Finance and Planning,Senior Minister of International Monetary Cooperation

アムヌガマ大臣は、2年前に内戦が終わり、昨年は8%成長を達成したとして、スリランカが投資対象として魅力ある国になってきているとアピールした。新空港の建設や港湾施設の近代化などインフラ整備を進めている。中国、日本、インド、イランからの水力や石炭火力発電への投資で、電力安定供給が可能な南アジアで数少ない国になっている、とも。援助のあり方が変わり、中国、インドからの民間直接投資が急増している。公的部門への開発援助供与国の日本、米国、EU諸国の重要性は変わらないが、これまで以上に民間部門への投資を増やして欲しいとの思いをにじませた。

司会 日本記者クラブ専務理事 中井良則

在日スリランカ大使館のホームページ
http://www.lankaembassy.jp/index_ja.htm

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube