1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー

■1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫のインタビュー。

■三島 由紀夫(ミシマ ユキオ)
本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。晩年には民兵組織「楯の 会」をつくり右翼活動に傾倒、日本の新右翼・民族派に多大な影響を及ぼした。

代表作は小説に『仮面の告白』、『禁色』、『潮騒』、『金閣寺』、『豊饒の海』四部作 など。戯曲に『サド侯爵夫人』、『わが友ヒットラー』、『近代能楽集』などがある。唯 美的な作風が特徴。1970年、楯の会会長として自衛隊にクーデターを促し失敗、割腹 自殺を遂げ世間を騒然とさせた(三島事件)。

■1970年(昭和45年)11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部の 総 監室を森田必勝ら楯の会メンバー4名とともに訪れ、隙を突いて益田兼利総監を人質に取 り籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起・クーデターを促す演説をした後割腹 自殺した(三島事件)、45歳没。

■日本語字幕:HIROYUKI KUROTORI、HIROSHI KUROTORI

Info by by BizzyMicBizness

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube