熱狂!25年ぶりにドイツに戻ったダイアン・クルーガー/映画『女は二度決断する』ダイアン・クルーガーinハンブルク・プレミア

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞受賞、第70回カンヌ国際映画祭ではダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた本作。突然のテロにより最愛の家族を失ったカティヤ(ダイアン・クルーガー)。人種差別などの障壁を前に裁判は思うように進まず、彼女の心は深い闇に覆われてゆく。ぬぐい切れない絶望の中、彼女はどんな決断を下すのか――。

今回到着したのは、『女は二度決断する』ハンブルクプレミアの模様。

おびただしい数のメディアを前にレッドカーペットを歩くダイアン・クルーガー、そして熱狂する観客が映し出される。映像にはダイアン、ファティ・アキン監督の他、プロデューサーのヌルハン・シェケルジ=ポルスト、弁護士ダニーロを演じたデニス・モシット、テロリストを演じたエダ・メラーのコメントも収録されている。

ハンブルクを舞台にしたこの作品がハンブルクで上映されることの興奮と、ダイアン・クルーガーとファティ・アキン監督がその地で如何に熱狂的に迎えられたかが伺われる。カーペットでインタビューを受けるダイアンは「この作品で人生が変わった。カティヤと一緒に成長したの。ドイツ人に戻ったわ」と語る。
2018年4月14日公開

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube