関東の強豪校が出場した春季高校野球関東大会が、23日に高崎健康福祉大高崎(群馬)の6年ぶり2度目となる優勝で幕を閉じた。 打ち合いになる試合が多く、強力打線… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

関東の強豪校が出場した春季高校野球関東大会が、23日に高崎健康福祉大高崎(群馬)の6年ぶり2度目となる優勝で幕を閉じた。 打ち合いになる試合が多く、強力打線… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201805240000123.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
 関東の強豪校が出場した春季高校野球関東大会が、23日に高崎健康福祉大高崎(群馬)の6年ぶり2度目となる優勝で幕を閉じた。 打ち合いになる試合が多く、強力打線を擁する学校が目立った。その中で、本塁打だけでなく小技も光った“持っている”木更津総合(千葉)の大曽根哲平内野手(3年)が印象に残った。 20日の2回戦国士舘戦に、9番で先発した。2-1で迎えた4回2死一、三塁で大曽根は初球をとらえた。思い切り走りだしたが、二塁に到達する手前で白球が左翼席に入ったのを確認すると、右手の拳を突き上げた。試合の流れを決める3ラン。何度もガッツポーズをしながらベンチへ駆け寄る姿が、喜びを表現していた。「パワーは全然無いんです。(スタンドに)入れと思いながらダッシュした。うれしかったです」と振り返った。五島卓道監督は「粘っこいタイプ。(本来は)本塁打を打つ子ではないけど、何かを持っている」と話していた。 さらに大曽根は6回、1死三塁で打席へ。カウント1-1から投手前へ転がすスクイズを決めて、1点を追加した。本塁打を打った次の打席では、小技を見せた。バッティングは得意だが、前の打者が三塁に進んだ時点で、自分の中ではしっかり準備を整えていた。「よし、来い」と直球をうまく転がした。試合は10-2で7回コールド勝ち。初戦で好スタートを切り、木更津総合は4強入りを果たした。 強打者の本塁打も、犠打も、日頃の練習の蓄積。取り組んできた成果を、多彩な攻撃で披露した。
#関東の強豪校が出場した春季高校野球関東大会が、23日に高崎健康福祉大高崎(群馬)の6年ぶり2度目となる優勝で幕を閉じた打ち合いになる試合が多く、強力打線…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#高校野球木更津総合大曽根哲平日刊スポーツ

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube