旧優生保護法 超党派議連が救済法案作成に着手へ

 障害者らに不妊手術が強制されていた旧優生保護法の問題で、超党派の国会議員の連盟は、国の謝罪と補償を盛り込んだ救済法案の作成に着手する方針で一致しました。 旧優生保護法で不妊手術を受けた障害者らに対して救済を検討している超党派の議員連盟は、24日に会合を開きました。東京地裁で裁判を起こした原告の男性も参加し、「苦しめられた人生を返してほしい」「無理なら事実を明らかにして間違った手術だったと認めてほしい」などと訴えました。議連は救済法案を作成するチームを立ち上げ、具体的な作業に入ることで一致しました。法案には国の謝罪と補償を盛り込み、来年の通常国会への提出を目指したいとしています。関連与野党超えて、超党派議員ら“不妊手術強制”被害者への補償訴えsm33229373旧優生保護法下の強制不妊手術 3都道県で一斉提訴 sm33223308知的障害理由に手術された女性「20年間、長かった」sm33223198「人生返して」都内男性、強制不妊手術を中学生のころ説明もなくsm33223134中絶と同時に不妊手術「簡単にできる」と医師が勧め sm33222981旧厚生省の“障害児施設運営マニュアル”に「知的障害の中には色情を早く発し・・・」sm33213921旧優生保護法 強制手術巡り記録に「違法」の指摘sm33208532強制不妊 全国弁護団結成へ 東京などで一斉提訴へsm33125454検定教科書に強制不妊手術「明るい社会のため大切 」sm33113503旧優生保護法で不妊手術強制 人権侵害訴え国を提訴sm32664150強制入院、不妊手術 旧優生保護法めぐり男性語るsm33048258

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:ニコニコ動画