マルチ 穴あけ 自作 缶と炭火でスムーズに♪ 簡単に♪

面倒中畑のマルチの穴あけ方法。
ホームセンターなどで専用の穴あけ機が販売されていますが、自宅にあるもので簡単に自作できます♪

色々な方の物を参考にしつつ、試作を何度かしつつスムーズに穴あけが出来るようになりましたので、覚え書きします。


〜材料〜
スチールの空き缶(開けたい穴の大きさの物)
針金
熱に強い棒
穴を開ける道具
ペンチ

〜作り方〜
・缶の側面下の方ににぐるっと一周空気穴を開ける。
・続いて缶と棒を繋ぐ穴を開ける
・針金で缶と棒をしっかり繋ぐ。
(動画では棒を缶の外側に取り付けていますが、内側に取り付けるのがオススメです。)


以上で完成です。

あとは、畑で火を起こし真っ赤にいこった炭を缶に満タン入れて缶が温まったら穴あけスタートです。

うちは広葉樹、針葉樹、竹などのよく乾燥させた薪を使用しています。
50メートルを一応服して三条穴あけ、くらいは一度に出来ました。
豆炭が良いというお話がありますが、試したことがありません。長時間もつのかな?

穴あけの際に出るマルチのゴミを回収する火ばさみとゴミ入れを用意して。
穴を開けていきます。
そっとマルチに当てて数秒、あと離すだけ。
たまに飽きづらい時はひねって開けます。

缶底にゴミや土がつくので火ばさみで掃除しつつ、炭火の加減を見ながら炭を足しつつ作業をします。

※ポイント※
・穴の開け具合にもよるかもしれませんが、缶は高さのある物よりサバの缶詰めのような背の低いものが試作した中では一番よかったと思います。
炭火が早く燃え尽きますが火の勢いが良く、熱が下までしっかり伝わる気がしました。

消耗品なので、何日か使うと変形したり針金が焼き切れると思います。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube