“はるたん”田中圭、韓国語で「おっさんずラブ」をアピール ドラマ特別映像が公開

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)で主演を務める田中圭さんが、韓国語など3言語を使ってドラマをPRする動画が5月2日、日本で初公開された。ドラマが配信中の韓国、台湾、香港で流され、人気を集めている動画で、主人公の“はるたん”こと春田創一を演じる田中さんが、手でハートマークを作るなど身ぶり手ぶりを交えながら、「サランヘヨー」「タージャーハオ」などと韓国語、北京語、広東語を使い分けてドラマをアピールする可愛らしい姿が収められている。

 ドラマは、第6話が放送された5月26日にTwitterで「#おっさんずラブ」がトレンド世界1位を獲得するなど大きな盛り上がりを見せており、日本の放送から2日~約1週間遅れで配信されている韓国、台湾、香港でもブームを巻き起こしている。

 三つの地域の各プラットホームで、今クールの日本ドラマの視聴数ナンバーワンを獲得。特に韓国では、現地で絶大な人気を誇るという「孤独のグルメ」をしのぐビュー数を記録している(単話あたり、5月31日時点の記録)。ネット上では、春田が誰と結ばれるのか予想合戦も繰り広げられ、「#どうせ彼氏は部長」「#どうせ彼氏は牧」というワードも流行し始めているという。

 今回の動画の撮影で、田中さんは韓国語、北京語、広東語を一瞬で暗記してコメントしていたといい、収録も一発OKだった。指導の先生も「完璧! さすがプロは違う!」と太鼓判を押すほどだったという。

 「おっさんずラブ」は、女好きだがモテない33歳の主人公・春田創一が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさん上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)と、イケメンな後輩の牧凌太(林遣都さん)から迫られるラブストーリー。2016年12月に深夜の単発ドラマとして放送され、今回連続ドラマ化された。

 最終話「HAPPY HAPPY WEDDING!?」は2日午後11時15分に放送される。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube