【高校野球】史上最多56代表の地方大会優勝旗が完成 全国高校野球選手権大会

全国高校野球選手権大会が100回を迎えるのを機に、各地方大会の優勝旗が一斉に新調された。今年は記念大会のため、従来の49代表に加え、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡で2代表制になる。そのため、南北神奈川大会、東西愛知大会、南北大阪大会、南北福岡大会など、過去最多の計56大会の優勝旗が作られた。3代目の「深紅の大優勝旗」を制作した平岡旗製造(京都市下京区)が担当した。縦70センチ、横100センチ。中央の「優勝」の文字の間には月桂樹に囲まれた太陽のデザインが施され、上下と右側に約15センチの旗房が取り付けられている。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube