EXILEのメンバーでダンサーの関口メンディーが6月5日、東京ドームで開催されたプロ野球交流戦の始球式に参加し、球速133キロを記録した。 ナイジェリアと日本のハーフで、6歳から12年間にも及ぶ野球…

EXILEのメンバーでダンサーの関口メンディーが6月5日、東京ドームで開催されたプロ野球交流戦の始球式に参加し、球速133キロを記録した。 ナイジェリアと日本のハーフで、6歳から12年間にも及ぶ野球… | アサ芸プラス:
https://www.asagei.com/excerpt/106019.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UCysSmejsXF2egfRuWTdTCaA?sub_confirmation=1
 EXILEのメンバーでダンサーの関口メンディーが6月5日、東京ドームで開催されたプロ野球交流戦の始球式に参加し、球速133キロを記録した。  ナイジェリアと日本のハーフで、6歳から12年間にも及ぶ野球経験アリという関口は、巨人のユニフォームを身にまとい、しなやかな投球フォームからプロ顔負けの高速ストレートをお披露目。その球速が133キロと発表されると、「室伏広治(ハンマー投げ選手)さんが持つ131キロの記録を超えられたので70点です。でも140キロを出したいので、また練習して戻ってきたいですね」などとコメントしている。 「圧巻のゴリゴリボディーを誇る関口ですから、それなりの投球はするだろうというのが世間の予想でしたが、まさか133キロものスピードを記録するとは誰も思わなかったでしょう。ネット上でも『そのまま巨人に入団よろしくです』『あの身体は見かけ倒しじゃなかったんだ』『さすがにすごすぎる』との称賛が飛び交い、多くの方が元球児の関口によるパフォーマンスに驚かされたようです。野球経験者とはいえ、プロではなく、現在はダンサーですからね。とてつもない記録でしょう」(テレビ誌ライター)  だが、始球式における“異業種”の健闘にはさらなる格上がいた。 「かつて2015年に槍投げ選手の村上幸史が記録した横浜スタジアムでの時速144キロというスピードが始球式では最速のようですね。また、非公式ではありますが、村上は本番前のブルペンでのトレーニング時にも時速147キロを記録するなど、関口を上回る怪物伝説が今も語り草となっています。室伏もそうですが、やはり上半身の、とりわけ豪腕を武器に活躍するアスリートは高速を投げられるのでしょうか」(スポーツライター)  133キロを記録した関口も十分驚くべき豪腕であることは間違いない。次の機会では、ぜひ記録更新していただきたいものだ。 (木村慎吾)
#EXILEのメンバーでダンサーの関口メンディーが6月5日、東京ドームで開催されたプロ野球交流戦の始球式に参加し、球速133キロを記録したナイジェリアと日本のハーフで、6歳から12年間にも及ぶ野球… | アサ芸プラス
#アサヒ芸能

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube