立花孝志 氏、NHKが犯罪集団【放送法違反を毎日やっている集団】である証拠を示し説明する②

平成30年6月15日千葉簡易裁判所で開かれるNHK受信契約裁判について、立花孝志 氏が説明されている。
この裁判ではNHKが「約定の遅延損害金」を請求しているのであるが、そもそも放送受信規約にはそのようなものを請求する旨の記載がない。
また、規約第12条の2には以下の記載があるが、NHKは通常、これを請求していない。

(支払いの延滞)
第12条の2 放送受信契約者が放送受信料の支払いを3期分以上延滞したときは、所定の放送受信料を支払うほか、1期あたり2.0%の割合で計算した延滞利息を支払わなくてはならない。

以上、2つの点からこの裁判はこちらに有利であると立花孝志 氏は見ておられる。

NHKから国民を守る党
http://www.nhkkara.jp/

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube