NYタイムズも気になってきた「孔子学院ってやばくない?」米で台湾ロビーの議員が中国ロビーに寝返った?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

【この動画の内容は…】
「孔子学院ってどうよ」18-6/9 NY Times

共和党のマルコ・ルビオが孔子学院を問題視
インテリジェンス系機関は、すでに中国の国家機関と認識し警戒。
テキサスとフロリダでは議員の圧力で三か所が閉鎖するも、
孔子学院側も生き残りをかけ、硬軟取り混ぜ状況にアジャスト。
最大の援軍は、かつて台湾ロビーの議員だったマット・サーモン。
これもサイレント・インベージョンか?





▼地政学者・奥山真司の「アメリカ通信」/THE STANDARD JOURNAL▼
このチャンネルは、現代日本人にとって、決定的・致命的に欠けている、国際(政治/経済)情勢における「地政学」「リアリズム」「プロパガンダ」の3つのセンスを、高尚かつ多角的に、分かりやすく、素敵に身に付けて頂くためのチャンネルです。

★毎週火曜日21:00から、ニコニコ生放送を行っています。番組全編をご覧になりたい方はこちらから→( http://ch.nicovideo.jp/strategy2 )。チャンネルの有料会員になって頂けると、<タイムシフト視聴機能>も使えますので、自分の都合の良い時間で番組を視聴することも可能です。

▼出演者▼
◎奥山真司
1972年横浜市生まれ。地政学・戦略学者。戦略学Ph.D.(StrategicStudies)。国際地政学研究所上席研究員。戦 略研究学会編集委員。日本クラウゼヴィッツ学会理事。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学(BA)卒業後、英国レディング大学院で、戦略学の第一人者コリン・グレイ博士(レーガン政権の核戦略アドバイザー)に師事。現在、国際関係論、戦略学などの翻訳を中心に、セミナーなどで若者に国際政治を教えている。日本にほとんどいないとされる地政学者の旗手として期待されており、ブログ「地政学を英国で学んだ」は、国内外を問わず多くの専門家からも注目され、最新の国家戦略論を紹介している。著書に『地政学アメリカの世界戦略地図』(五月書房)のほか、翻訳書として、『インド洋圏が、世界を動かす』(ロ パート・カプラン著、インターシフト)、『中国4.0暴発する中華帝国』(エドワード・ルトワック著、文春新書)などがある。(※詳細は→ http://geopoli.exblog.jp/17934848/)

◎和田憲治(株式会社オンザボード代表)言論系人気番組の数々をプロデュース。渡部昇一先生を敬愛し、先生に直訴し、公認のホームページ、渡部昇一.com(http://www.watanabe-shoichi.com/ )をつくり、致知出版社主催の公式ファンクラブ「昇一塾」の立ち上げを企画。

★番組Facebookページ
https://www.facebook.com/realist.jp
▼番組へのご意見ご感想
http://www.realist.jp/goiken.html

★奥山真司の戦略学講義CDシリーズ
http://www.realist.jp/
★【無料メルマガ】「奥山真司のアメリカ通信」
http://www.mag2.com/m/0000110606.html

★Twitter
・奥山真司Twitter(@masatheman)
https://twitter.com/masatheman
・和田Twitter(@media_otb)
https://twitter.com/media_otb
-------------------------------------------------------

▼THE STANDARD JOURNAL(1)/ON THE BOARD
http://ch.nicovideo.jp/strategy(ニコニコチャンネル)
https://goo.gl/4UNuZk(Youtubeチャンネル)

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube