高校バスケ試合中 延岡学園高校の留学生選手が審判にパンチ 学校側が謝罪会見 留学生は「なぜ自分だけ」

 高校の男子バスケットボール九州大会の試合中に宮崎県の延岡学園の留学生選手が突然、審判を殴った。学校側は6月18日に会見を開き、謝罪している。 生徒の不祥事。監督は人のせいにはしなかった。問題の行為は17日に長崎で起きた。バスケットボールのコート。倒れているのは審判だ。延岡学園高校の選手が暴力を振るった。2メートルを超す留学生選手。味方がドリブルで切り込むなか、守りに入ろうとした相手にぶつかった。審判の判断は延岡側のファウル。すると、選手は審判に詰め寄ってパンチを繰り出したのだ。この選手は2月に日本に来たばかりだという。また、試合では別の留学生の選手が退場になっていた。しかし、どんな理由であれ、暴力は論外。学校側はあってはならないこととし、本人が審判に謝罪をしたという。関連高校バスケ 延岡学園高校の生徒が試合中に審判殴りけがさせる 長崎県sm33383023 高校バスケで生徒が審判の顔を殴る ネット投稿映像sm33380316

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:ニコニコ動画