日本野球機構(NPB)は26日、右翼ポール際への飛球でリプレー誤審があった22日のオリックス-ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)について、再試合を行わないと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

日本野球機構(NPB)は26日、右翼ポール際への飛球でリプレー誤審があった22日のオリックス-ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)について、再試合を行わないと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806260000598.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
  日本野球機構(NPB)は26日、右翼ポール際への飛球でリプレー誤審があった22日のオリックス-ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)について、再試合を行わないと決定した。野球規則委員会で検討。口頭でオリックス球団に通告した。再発防止策として、リプレー検証のマニュアル細分化も決定した。  都内で取材に応じたパ・リーグの仲野統括は「本塁打の裁定は最終。野球規則7・04に基づいて、続行試合はしないと確認した」と話した。  オリックスは22日の試合について、リクエストからのリプレー検証で決勝本塁打となった場面からのやり直しを要求していた。  野球規則7・04は提訴試合について次のように定めている。  「審判員の裁定が本規則に違反するものとして、監督が審議を請求するときは、各リーグは試合提訴の手続きに関する規則を適用しなければならない。審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない。提訴試合では、リーグ会長の裁定が最終のものとなる。審判員の裁定が本規則に違反するとの結論が出た場合であっても、リーグ会長において、その違反のために提訴チームが勝つ機会を失ったものと判断しない限り、試合のやり直しが命ぜられることはない」。
#日本野球機構(NPB)は26日、右翼ポール際への飛球でリプレー誤審があった22日のオリックス-ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)について、再試合を行わないと…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#プロ野球, #NPB, #日本野球機構, #オリックス, #ソフトバンク, #日刊スポーツ

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube