ラオスダム決壊、決壊は日本のせい、海外受注は国際的な恥さらし…損害賠償額は天文学的に、韓国経済破綻の引き金になるかも

ラオス南部で、建設中のダムが決壊した大事故は、地元当局が29日、「9人が死亡、130人以上が行方不明」と被害状況を修正した。6000人以上が家を失ったとされ、ダム建設を担当した韓国への逆風が強まっている。同国の技術力への信頼が揺らぎ、海外インフラ建設市場での受注減少は濃厚だからだ。米中経済戦争の直撃を受け、成長鈍化が指摘される韓国経済は大丈夫なのか。ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube