日本政府 在外公館に韓国偽徴用工判決の不当性を各国メディアに寄稿指示

この韓国語の報道をGoogle翻訳で訳しました。 [アンカー]私たちの「最高裁判所の強制徴用判決」に対する日本政府の海外世論戦が恐ろしいほどです。各国駐在大使に、韓国最高裁判決が不当だとのメディア寄稿をするように指示した様です。東京からギムビョンギュ特派員が報道します。[記者][キム・ミョンス/長官]「日本政府の朝鮮半島への違法な植民地支配と侵略戦争の遂行と直結された、日本企業の反人道的な不法行為を前提とする慰謝料請求権、こんな強制動員慰謝料請求権は(1965年)の請求権協定の適用対象に含まれると見る亊ができません。」日本政府はすぐに私たちの最高裁の判決を「国際秩序への挑戦」だとして強く反発しました。【安倍晋三/日本の首相] "1965年韓日請求権協定で請求権問題は完全かつ最終的に解決された。国際法に照らしてみると、ありえないと判断だと言います。」 この問題を国際法上の紛争にするため、海外の世論戦に拍車をかけて出ました。河野太郎外相が在外公館の大使に、地元メディア寄稿で「強制徴用判決の不当性」を寄稿することを指示したのです。産経新聞はこれに対して、「日本政府が韓国政府に国際的な圧力を加えようとする意図」と分析しました。日本政府が特定の国との葛藤状況で現地メディアを通じて自国の主張を知らせるのは、2013年以来初めての事です。当時、日本は、中国政府が安倍首相の靖国神社訪問を批判した事に対して、海外駐在公館に自国の主張を地元メディアに寄稿することを指示しました。米国と英国、フランス駐在日本大使館も韓国最高裁の強制徴用判決直後河野外相が出した抗議談話をホームページとSNSにあげ海外世論戦を開始しました。 河野外相は談話で「韓国最高裁判決は、国際法違反であり、決して受け入れることができない」と主張しています。 東京で連合ニュースギムビョンギュです。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:ニコニコ動画