10万円台自作軽トラキャンピングカー④内装編テーブル、椅子、車中泊できる二人用ベッド

軽トラック用のキャンピングシェルを軽量化のための新工法で作りました。テーブルと椅子そして、とりあえず車中泊できるように二人がゆったり寝られるベッドがセットできるようにしました。ポータブル電源でテレビも見られるようにしました。

【軽トラキャンピングカーのシリーズ動画】
長期シリーズにしたいと思います。末永くご覧いただければ幸いです。
キャンピングカーDIY(プレイリスト)
https://www.youtube.com/playlist?list...
10万円台自作軽トラキャンピングカー(シリーズ動画)
①外装概要編シェルの作り方新工法で軽量化
https://youtu.be/7v9K7DLadWM
②走行テスト編林道カーブ高速
https://youtu.be/UM1QyKZxDhY
③外装詳細編窓、ドア、総金額
https://youtu.be/gUru4mc2mmo
④内装編テーブル、椅子、車中泊できる二人用ベッド
https://youtu.be/x1DPPpwGrTM
⑤初車中泊編道の駅妹子の郷
https://youtu.be/3vlDBfNb20A
⑥机、ベッド改良編跳ね上がり対策
https://youtu.be/wX7adtncljY

軽トラキャンピングカーを作ろうシリーズ4回目になります。今回はとりあえずの内装編です。テーブル、椅子のセッティング、全体とバンク部分はそれぞれベッドにもなります。さらに収納もたっぷりやるためには収穫籠。チープですがシンプルで実用的。
これは埼玉の仙人さんのアイデアです。
https://youtu.be/oquKsgZaDRo
そのほかにも、網戸やテレビや簡単な水回りをとりあえずやりました。内側は全部ベニヤです。クロスを貼るか塗装するか迷ったんですが、結局全部塗装することにしました。白いところはベニヤ板の継ぎ目の隙間があいているところにパテを塗った状態です。適当に目立つところを埋めています。あまり細かいところまではやってません。水性塗料をローラーで塗ります。塗りにくい奥の方から塗っていきます。もちろん1回塗りでは必ずムラができます。それがまた味があって良いと思えれば1回でも良いと思いますが私は結局2回塗りました。塗る面積としては畳10畳ほどでした。アサヒペンのバリューコートという塗料ですが1.6リットルの缶を2缶使い切って丁度2回塗りできました。2回塗りでも多少のムラはあります。それほど気にならないです。細かい隙間は壁紙の仕上げにも使うアクリルシーラントでごまかします。
床は幅が1m20㎝ちょっとで、長さが2m10㎝ちょっとですがクッションフロアを貼ります。先がギザギザになったヘラでボンドを均等に広げます。ホームセンターで買ってきた市松模様のクッションフロアを貼ります。余ったところは壁紙用の地ベラを押し当てて、カッターで切ります。残った部分も全てボンドを塗って
余った部分を地ベラとカッターで切り取ります。
カーテンとカーテンレールはニトリで住宅用の物を買いました幅100㎝丈110㎝のチープなヒョウ柄です。天井付近からつるします。カーテンレールの取り付けはレールを外してまず金具だけ取り付けるのが鉄則です。
ベッドにするための12mm厚のベニヤを長さ180㎝幅60㎝に切ります。その長さを60㎝と120㎝に分けます。サンダーで面取りします。同じ板を二組作って実際にベッドをセッティングしてみます。まず収穫籠を積み込みます。そして、60㎝角の板2枚と60㎝×120㎝の板2枚を積み込みます。この並べ方では収穫籠を6個置いていますが板の端の方を踏んだときに板が跳ね上がったりするので最終的には8個にしました。60㎝角で厚み5㎝くらいのウレタン入りのクッションを 6枚敷き詰めます。これで、幅120㎝長さ180㎝のベッドになります。
網戸は窓枠の内側にはめ込む形にします。窓枠より幅高さとも6mm小さく網戸の枠を作って網をタッカーで貼って、余分なところを切り取って、木目のテープを貼ります。周りにモヘアの隙間テープを貼ります。これを窓枠にはめ込んで網戸にします。
雨の日を想定して、実際に乗りこむ様子をやってみます。まず、折りたたみの踏み台を出してそこから土足で乗り込みます。その時小さくても靴を脱ぐ場所、土間が必要です。傘立てに傘をしまいます。これもないと不便です。塩ビパイプの先に蓋つけただけですけど、2本立てられるようにしました。取り外して中の水を捨てられるようにしています。
土間で靴を脱いで下駄箱にしまいます。2足入れられるようにしています。
ベッドの大きさは幅120㎝長さ180㎝です。
上の方はバンクベッドになります。棚を手前に引き出してマットレスを敷きます。バンク部分の長さは160㎝なんでマットレスの頭のところは少し折り返して枕の代わりにするという感じです。
下の段が下駄箱になっている戸棚の上に水のタンクを載せています。戸を開けてバットを載せる台にします。手洗いと歯磨きぐらいはできるでしょうか。最も簡単な水回りです。排水はタンクやペットボトルにじょうごで入れて持ち帰ります。その上の棚には
テレビを置いています。テレビの後ろにポータブル電源を置いて
電源にしています。アンテナはクワトロヘンテナを自作しました。このやり方は私の得意分野なんですが、また別の機会に詳しく説明します。まちなかを走行したところではワンセグならほとんど途切れませんでした。フルセグは時々映るような感じです。
次に机のセッティングをやってみます。クッションを2つとって
その下の板を机にすれば残りの部分がL型の椅子になります。椅子の下のかごに入っているものも取り出すことができます。机を小さくすれば立って移動できるスペースが広がります。この形が一番いいかも知れません。対面で座ることもできます。
スタイロフォームの端材で作ったクーラーボックスです。内法が縦24㎝横40㎝深さ23㎝で容積は約22リットルです。2リッターのペットボトルは残念ながら縦に入らないです。寝かせて4本ぐらいです。
入口ドアには状差しをつるして小物入れにしています。ドアを開けたときに外からも小物を取ることができるんで便利です。遊びの空間なんで、いろんなシール貼ったりして楽しんでいます。
とりあえず小さいポータブル電源でやってますけど太陽電池システムとか興味ありますんでいずれやってみたいです。まだまだ課題は山積みですがこれでいろんなとこ行ってみたいなと思いますので長い目でみてやっていただけましたら嬉しいです。よろしくおねがいします。

#軽トラキャンピングカー#DIY#車中泊

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube