はやく体重を落とす11の習慣

どのようにすれば早く体重を落とせるか。公認栄養士のキャサリン・ゼルマンは、悪い食習慣をやめ、良いものに変える事により、ダイエットやジムでの運動をしなくても、速く体重を落とす効果があると言っています。うますぎる話のように聞こえますが、どうやって体重を落とすかという簡単で効果的なコツに従えば、あなたもすぐに数キロの体重を落とすことができるでしょう。もしもあなたが体重を減らしたいなら、実践すべきこと・すべきでないことが何なのかを知ることが大事です。

タイムスタンプ

“脂肪なし”食品を避ける。. 1:14



1日6〜8時間の睡眠をとる。1:56

空腹時にコーヒーを飲まない。2:42

食事中はテレビを見たり音楽を聴かない。. 3:37

空腹時にスーパーに買い物に行かない。. 4:24

炭酸飲料を減らす。5:12

ディナー後のデザートをやめる。6:13

ペットボトルの水を飲まない。7:18

食べる時間を制限する。8:04

シンプルサラダと一緒に食べる習慣を身につける。8:57



家でも外でも同じ量を食べる。9:49



お役立ち情報:違うタイプの脂肪 10:35

誘惑に打ち勝つ方法 12:27

概要

-“脂肪なし”食品、実は脂肪分の代わりに消化を早める低炭水化物が使用されているため空腹感がすぐに戻ってしまうのです
-睡眠時間が5時間以下の人は平均して睡眠時間が6〜8時間(ろくじかんからはちじかん)の人より、2倍以上もお腹周りに脂肪が蓄積されるということを明らかにしました。
-空っぽの胃にコーヒーを入れることはいへき,胃壁にダメージを与える酸を作り出し、消化不良を起こします。
-音楽を聴きながら食事する人は、音楽なしで食事する人よりも、より多くの量を摂取している。
-ゼルマンは、スーパーに行く前に、少しヘルシーなものを食べることを勧めています。その他に良い方法としては、前もって一週間の献立を計画することです。
-研究により、一週間に摂取する炭酸飲料を1缶に減らした女性は、そうでない人たちよりも約0.45キログラムを減量したことを明らかにしました。
-食事のすぐ後には何も口にするべきではありません。なぜなら、体は食べ物から必要な糖分を摂取しているからです。
-ワシントン州立大学の研究者らは、ペットボトルに入った水を飲むことは、体重増加に繋がるということを発見しました。
-一日に何度食事をするにしても、最後の食事が午後8時前であれば全体として少ないカロリー摂取になるということが明らかになっています。
-ケール、ほうれん草、レタスなど葉物野菜で作られた、脂っこいドレッシングなしのシンプルサラダが空腹感をより満たし、食べる量を減らす役目をするということを証明しています。
-栄養士のジュディ・キャプランによると、量を多く食べると、体は行き場のない余分なカロリーを脂肪として蓄えることになると言います。

-違うタイプの脂肪があります:褐色脂肪、白色脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪、そしておなかの脂肪です。
-誘惑に打ち勝つ良い方法は、不健康なスナック類を引き出しの一番下の目に付きにくい場所に収納し、簡単に手に取れないようにすることです。

音楽


ブライトサイドのチャンネル登録
-------------------------------------------------------------------------------------------
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube
----------------------------------------
声の提供

 さくらい声優事務所

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:Dailymotion