20120312 都民の被ばくは? 飲食物から試算

東京大学の研究グループは、原発事故後の1年間で、東京に住む人が水や食品摂取で受けた放射線量は、一般の人が浴びても差支えないとされる年間1ミリシーベルトを大きく下回るという試算を発表しました。暫定基準値を超える食品への出荷制限や、乳児を対象に行われたペットボトルの水の配給などで被ばくを低減する効果があったとしています。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:Dailymotion