②9.1 東村山朝木明代市議殺害事件の真犯人を逮捕せよ!IN新宿

平成22年9月1日(水)PM5:00~
『日本を護る市民の会』主催の街宣活動が、JR新宿駅東南口前で行われました。

~以下引用です~

9月1日は、高齢者福祉の充実に尽力しつつ、
創価学会と公明党を鋭く批判し、1995(平成7)年に
何者かによって殺害された朝木明代東村山市議の
「殺害事件」から15周年になります。

今年に殺人罪の時効が撤廃され、朝木市議殺害事件も
公訴時効がなくなりました。つまり、真犯人の追及が
永遠にできるということです。

検察庁も新たな証拠があれば
再捜査を開始するとしています。

朝木明代市議を含む「反創価学会」の活動をしていた
複数の人物らを暗殺するよう、旧公明の代表経験者が
山口組系後藤組の元組長へ依頼する場面を写したと
される「暗殺依頼密会ビデオ」が存在すると報道されて
きたが、両当事者は沈黙を続けてきた。

しかし、本年5月15日、「暗殺依頼密会ビデオ」の
一方当事者とされる後藤組元組長の後藤忠正氏が
自伝「憚りながら」(宝島社)を上梓する。発売から
3か月も経たないうちに20万部を売り上げた同著に
おいて、後藤元組長は、創価学会池田大作及び公明党の
議員らの依頼に基づき、「汚れ仕事」を引き受けたことを
認めている。

よって、後藤元組長が公の場で
「暗殺依頼密会ビデオ」の詳細について語れば、
それが朝木市議殺害事件の「新たな証拠」として
検察庁の再捜査の端緒となる可能性がある。

そこで、日護会は、9月1日に新宿区内において独自に
①朝木明代議員殺害事件の真犯人逮捕を求める
②創価学会池田大作、元公明代表藤井富雄及び
後藤忠正元組長の国会喚問を求める
という街頭活動を行います。

【朝木明代議員殺害事件の真犯人逮捕を求め、
創価学会池田大作、公明元代表藤井富雄、
後藤忠正元組長の国会喚問を求める街頭活動】

~引用終わり~

★詳しい記事や画像は↓
『新・創価学会の集団ストーカー日記』
http://ameblo.jp/jmuzu10812/

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:Dailymotion