歴代レジェンド2号ライダーが集結!ディエンド・カイザ・アクセルの登場に観客大興奮! “オーラ”紺野彩夏の制服姿も 『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』完成披露舞台あいさつ

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 俳優の戸谷公人、木ノ本嶺浩、村上幸平が18日、都内で『仮面ライダージオウ』テレビシリーズ最終話のその後の物語を描く、オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の完成披露上映会に参加。レジェンドライダーの秘話に会場は大盛り上がりとなった。

 戸谷は『仮面ライダーディケイド』で仮面ライダーディエンド/海東大樹を、木ノ本は『仮面ライダーW』で仮面ライダーアクセル/照井竜を、村上は『仮面ライダー555』で仮面ライダーカイザ/草加雅人を演じたレジェンドとなっている。

 草加を演じてから17年が経過している村上は「(変身コードが913であることから)毎年9月13日はカイザの日で、そこで草加を演じたりしていた。草加を演じることには自信があったんですけど、ある時にゲームのアテレコをしたらファンの方から『似てないんだけど』と言われた。似てないって、どういうことだ、と。本人だし、カイザ村上だよ?」とボヤキ。それでも「改めて、前やった草加雅人という役と向き合って、もう一度、丁寧に演じました」と撮影を振り返った。

 木ノ本は「10年ぶりに、この格好で舞台あいさつするとは思わなかった」としみじみ。そして「これ10年前の衣装の、そのまま。自分のサイズに合ってる。着心地がいい」と10年間でスタイル変化がないことを明かし「しっくりくる。気持ちがパキッとしますね」と照井竜との邂逅を懐かしんだ。

 『ジオウ』本編でも海東として出演した戸谷は「テレビシリーズも、ほぼ準レギュラー。ライダーの現場って特別で、楽しめましたね。当時はいっぱいいっぱいだったんですけど、今回は10年ぶりで、いい意味で気楽に楽しめましたね」と話し「今回は(井上正大演じる門矢)士がいないから寂しかったんですけどね」と10年が経過しても仲のいい井上を軽くイジって笑いが起きていた。

 本作では、普通の高校生となった明光院景都/仮面ライダーゲイツ(押田岳)が、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(奥野壮)らと共に、再びライダーに変身し新たな歴史を刻んでいく。28日から期間限定で劇場上映されるほか、4月22日にBlu-ray&DVDが発売される。

 完成披露には押田岳、板垣李光人、紺野彩夏、兼崎健太郎、奥野壮、諸田敏監督参加した。

【関連動画】
“仮面ライダーゲイツ”押田岳「ゲイツのことは8割忘れて…」 主役の重圧と挫折を語る 『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』スペシャルインタビュー
https://youtu.be/c1TPNSFbhtY

“ゲイツ”押田岳、子どもの直球質問に困惑…「ウォズの『祝え』って大事?」 質問攻めにも笑顔で神対応! 『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』キャストトークショー
https://youtu.be/PsrxbOVgVf0

『ジオウ』オーラ役・紺野彩夏、仮面ライダーファンに感謝の1年 新成人の振袖を披露 『スペースクラフト』二十歳の振袖撮影会
https://youtu.be/4ulRKf296p4

#仮面ライダー #ゲイツマジェスティ #ジオウ

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube