愛知 飲食店経営者ら暴力団排除宣言 2016年06月01日

飲食店経営者ら暴力団排除宣言

2016年06月01日 21時17分

指定暴力団の山口組と神戸山口組との対立抗争に市民が巻き込まれることがないよう名古屋市の繁華街の飲食店経営者やビルのオーナーなどが集会を開き、暴力団の排除を宣言しました。
集会には名古屋市の繁華街、錦3丁目などで飲食店やテナントビルなどを経営する会社の社長や住民など200人余りが参加しました。
来賓として出席した中警察署の中根健署長が「安心安全な街づくりは市民の願いでもある。みなさんの力をお借りしたい」とあいさつしました。
そして、参加者全員が暴力団を利用しない、暴力団と交際しないなどの暴力団排除宣言を行いました。
不動産業者で集会の事務局長を務めた吉見且三さんは「暴力団が地域に入り込む余地がなくなれば事件も起きなくなると思う。今後も活動を進めていきたい」と話していました。
指定暴力団の山口組と神戸山口組をめぐっては、5月31日、岡山市で神戸山口組系の暴力団幹部が拳銃で撃たれて死亡するなど2つの組織の対立が背景にあるとみられる事件が
起きたことから、名古屋市内でも警察が警戒を強化しています。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:Dailymotion