20130308 《索引付》2/2 「3.11大震災」黒川清 元国会事故調委員長 記者クラブ

【索引の使い方 時間の部分をクリックすれば動画のその位置にジャンプします】
《索引》===
0:00 【質疑応答】
0:30 Q:女性 安倍晋三 アベノミクス?
4:04 Q:倉重篤郎 野田政権から安倍政権 A:大飯の再稼働 保安院長の聴取
6:54 Q:倉重 7提言の実現の現状は? A:メディアの役割
9:22 Q:倉重 規制委員会 田中委員会の評価は?
13:12 Q:男性 オリンピック誘致と福島の状況?
19:13 Q:朝日新聞 Oomuta 科学者、技術者が真実を言わない。? A:中根千枝『タテ社会の人間関係』Iとyou
23:55 Q:倉重 事故調を使え? Q:汚染水 核廃棄物
25:08 Q:倉重 核廃棄物 学術会議?
26:40 司会 終了?
26:52 黒川清 最後に一言 権限と責任 決断 groupthink
29:25
===

Kiyoshi Kurokawa, Former Chairman, The National Diet of Japan Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission

元国会事故調委員長の黒川清さんが、「国会事故調:これまで、そしてこれから」のテーマで話した。
日本の憲政史上初めて立法府がつくった調査委員会の意味をあらためて強調した。

自分が委員長として米国科学団体から表彰されるなど、海外の注目度も高く、委員会が政府(行政府)から独立し、日本人に耳の痛い報告書を出したことが評価されたのだろう、と語った。

国会事故調が出した7つの提言については、衆議院に原子力問題に関わる特別委員会を設置することが決まったとして、提言のうち1つはメドがたった、とした。
このように実現していくことが、三権分立が機能していることを示すことになる。
ただし、メディアが報道して、国民が知らなければ、このプロセスはすすんで行かない、とも。

司会 日本記者クラブ企画委員 倉重篤郎(毎日新聞)

日本記者クラブホームページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news...

original
https://www.youtube.com/watch?v=I2Vr5Sb8lCw

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:Dailymotion