平成28年 蕨市・塚越稲荷社 初午祭 本社神輿渡御 独特担ぎ方。

世界中で キューバ人です。《日本のお祭り、神輿 伝統と文化》です。(文化交流です)。
平成28年 蕨市・塚越稲荷社 初午祭 黒大屋根本社神輿渡御。。
宮出し13時~宮入16時。
台輪 三尺七寸(百十二センチ)重さ約1トン、 昭和時代後半に作られた神輿です。昔 江戸時代頃古い神輿が有りまして、火災が有って 焼け失いました、。
毎年3月に手作りの大神輿が塚越町内を渡御。
黒屋根に比べて胴は非常に細いので4本の赤い外丸柱で大屋根を支える珍しい形の神輿です。
 ██ 歴史浪漫 info//
初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。
稲荷社の縁日で雑節の一つとすることがある。
全国の稲荷社の本社である京都の伏見稲荷神社の神が降りた日が和銅4年(西暦711)のこの日であったとされ、
この日を蚕や牛や馬の祭日とする風習もある。江戸時代には、この日に子供が寺子屋へ入門した。
本来は旧暦二月の最初の午の日であるが、現在では新暦2月の最初の午の日とされ、
そのため元々は冬の一番寒い時期の行事が、春先の行事となってしまった。

稲荷神社は、元々五穀豊穣の神を祭る神社であったがやがて広く信仰されるようになり、
都会では商売の、 漁村では豊漁の守護神として現在も多くの人々の信仰の対象となっている。
"First Horse Day Festival." This term refers to the event that is held on the first day of the horse in February.  
It is the custom to worship Inari all over Japan,
and beginning with Fushimi Inari Shrine in Kyōto and Toyokawa Inari in Aichi Prefecture,
shrines in all regions hold First Horse Day Festivals.
The event celebrated on the second day of the horse in February is called ni no uma ("second horse").
This festival is held in conjunction with hatsuuma.
In many places groups called Inari ko (confraternities) make offerings of fried bean curd (abura age)
and similar items before small Inari shrines (hokora) and share food and drink.
The origin of treating the first day of the horse in February as the ennichi (special festival day)
of Inari is found in a legend that states that the deity (saijin)
of Fushimi Inari Shrine descended from Mount Inari in 711 on the eleventh (alternatively, ninth)
day of the second month, the first day of the horse, but it is not certain if this is true.
日本と言えば、神輿です!! CUBA & JAPON.。【Copyright License & ALL Rights Reserved】 by Picua de la Puntilla From Ciudad de la Habana Cuba.平成28年の3月の13日 日曜日です、日本有りのまま!! 編集無し 其のまま RAW video (生) Sony Full AVCHD (HD) by picua。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube