アキーラさん!ベトナム人の女の子を紹介される(買春斡旋)①ベトナム・ホーチミン・ドンコイ通り・日本語勧誘編,Saigon,Vietnam

I visited in Saigon in Vietnam on Jun in 2011 and stayed there for about one week. I worked here for about 9month from Jul in 2009,so I went to many places with my friends.
In the night time I went for a dive and looked around the city by motorbike. This street is Dongkoi-street(One of the main streets). There is Sheraton-hotel and many shops along this street.
2013年6月 ベトナムのホーチミンを2年ぶりに訪れ、そして1週間ほど滞在した。2009年、出向社員として赴任した場所である。久しぶりにバイクで市内中心のグエンフェ通り~デタム地区まで夜のドライブをしてみた。ドンコイ通りも訪れ、久しぶりに歩いてみた。ここは有名なシェラトンホテルがある。多くの雑貨屋がこの通りにある。ベトナム戦争終結前まではサイゴンの都市名で親しまれていた。
現在もサイゴンを使う人は多い。19世紀後­半、カンボジア、ラオスと同じようにベトナムはフランスの植民地となった。 第二次世界大戦が始まり,1940年に日本軍は北部仏印(ハノイのあたり)に進駐した。太平洋戦争が始まり、南部仏印も1941年に進駐した。海洋からサイゴン川を軍艦等­が上り、サイゴンに上陸し多くの日本兵が駐留した日本人としても懐かしの場所である。戦後は旧日本兵の多くの方々がベトナムに残り、再度、植民地化を図ったフランスとベト­ナム独立のために活躍した。日本人志願兵は約600名に上るとされており、陸軍第34独立混成旅団参謀の井川省少佐を始めとする高級将校から兵卒にいたるまでの多くの志願­兵が独立運動に参加してい。日本人志願兵はベトミンに軍事訓練を施したり、作戦指導を行っていた。ベトナム初の士官学校であるクァンガイ陸軍中学の教官・助教官全員と医務­官は日本人であった。詳しくは下記参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E7%8B%AC%E7...
30名を上回る日本人がベトナム政府から勲章や徽章を授与されていることが確認されている。この国は他のアジア諸国と同じく 日本が最大のODA援助(資金と技術)国である。それに対して感謝している人も多い。 ベトナムというと ベトナム戦争のイメージが強いのではないかと思う。 枯葉剤の影響で奇形児が出来たり、ベトちゃん、ドクちゃんの影響が強いのではないか。ベトナム滞在時にベトナム人医師から、日本が医療面で指導や援助をしてくれ大変、日本­と日本人を尊敬していると言われた。戦後36年で既に復興はしている。他の東南アジア諸国と同じように日本のODA援助で近代化が図られている。

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube