動画検索 ドドンガ(β)  >  野球で目立ちすぎる悟飯くん 【面白シーン】 Gohan Plays Baseball in High School [HD]

野球で目立ちすぎる悟飯くん 【面白シーン】 Gohan Plays Baseball in High School [HD]

ドラゴンボールZ、初めてのベースボール
この動画をSNSでシェアしましょう!! Gohan as a new student 『 Dragon Ball Z - Gohan Goes To Play Baseball at school with English Subtitle 』 Gohan Plays Baseball !! Funny moments on Dragon Ball Z 1989
孫悟飯(そん ごはん)は、漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメ『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。同姓同名の人物が2人登場し、それぞれ孫悟空の長男、および孫悟空の育ての親という位置づけである。本項では、前者について記述する。
孫悟空が物語上、何らかの理由で不在の時は、主人公の代理を務めるなど、準主人公的な役割を果たした。
担当声優は野沢雅子。原作での初登場は其之百九十六「カカロット」、アニメでの初登場は『ドラゴンボールZ』第1話「ミニ悟空はおぼっちゃま! ボク悟飯です」。
身長176cm(成人時)、体重61kg(成人時)。誕生年エイジ757。趣味は読書、釣り[1]、研究。食べ物は好き嫌いなし。好きな乗り物はハウスワゴン[2]。
第23回天下一武道会で結婚した悟空とチチの息子で、サイヤ人と地球人との最初の混血児。容姿はサイヤ人である父(悟空)に似ており、伯父(ラディッツ)の面影がある。一人称は「ボク」。小さい頃は甘やかされ、これからの平和な時代に武術は必要ないと判断した母親のチチによって、学者になるべく山奥の家で勉強中心の生活をさせられる。そのため泣き虫だったが、ラディッツ襲来後にピッコロに連れ去られ、荒野での厳しい修行を経て逞しく成長していく。悟飯という名前は、悟空の育ての親・孫悟飯にあやかり悟空がつけたもの。アニメでは悟飯の赤子時代を回想した場面で、チチや牛魔王からも多々名前の案が出たが悟飯が泣いて嫌がり、「ごはん」という言葉を聞いて悟飯が喜んだため、この名前を悟空が提案したとされている。
幼少期は悟空から武術の手ほどきを受けていなかったが、窮地に追い込まれた時に強い力を発揮している。ラディッツ戦以降、戦士としての経験が全くなかった幼い悟飯を鍛えた師匠のピッコロとは互いに強い絆で結ばれている。ピッコロとの絆については、#ピッコロとの師弟関係で後述。後に人造人間編までの3年間、悟空とピッコロと共に修業し、精神と時の部屋で悟空の指導により、超サイヤ人に覚醒。さらに、その状態を超える為、悟空から本格的に鍛えられた。悟飯自身は本当は戦いたくないこと、父親の悟空と違って自分は戦うことが好きではないことを、セルとの戦闘中に吐露しているが[3]、成り行きとはいえ、第25回天下一武道会に出場することになった際には「僕だって優勝したい」と発言し、劇場版『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』で開催された天下一大武道大会には自らの意思で出場して優勝を狙うなど、命のやり取りではないスポーツとしての戦いには積極的な姿勢も見せている。
学業に関してはオレンジスターハイスクールへの編入試験で数学、化学、物理、歴史、国語、外国語では満点を取っている。体育でも野球の試合でホームランを超人的なジャンプ力で阻止し、軽く投げたつもりの送球も剛速球になり、ヘルメットをかぶっていない状態でデッドボールを顔面にぶつけられても平然としていたりと常人離れしたところを見せるが、本人は「目立っていない」と思っている。アニメや劇場版ではグレートサイヤマンの活動のためによく授業を抜け出すため、教師には「非常に優秀だがサボり魔」と思われている。作中終盤、幼少からの夢であった学者になる。
後期の主要キャラクターの一人であり、人造人間編では主人公の悟空に代わり、最終的な悪役セルを撃破する。それ以降魔人ブウ編の前半では主役の扱いを受けたが、最終的には悟空に主役の座を返上している。
ナメック星編の時期に行われた鳥山明の漫画全般を対象にしたキャラクター人気投票では第5位[4]。セル戦時に行われた人気投票では、悟飯は1位を獲得している。魔人ブウ編時に行われた投票では6位[6]。連載終了後に発売された完全版公式ガイド『ドラゴンボール フォーエバー』の投票では3位となっている。
The episode started off with Gohan defeating Cell (earlier shown off from "Save the World") and being a young man who is known for fighting Raditz, Vegeta, Ginyu, Frieza, Garlic Jr., and Cell. Gohan is now a focused, peaceful scholar who is known for his battles in the past and he became a primary warrior after his father's death at the hands of Cell's self-destruction. Meanwhile, he realized that some crooks robbing a bank at Satan City (known as Orange Star City). After getting all their money they escape. Meanwhile, Gohan is late for school so he decides to go turbo-speed. On the way, Gohan passes the bank. Seeing what was going on, he thought he’d help. So that no one would recognize him, he turned Super Saiyan and began knocking out some crooks. After finishing the job, Gohan slipped away from the scene but not without bumping into a curious girl named Videl, who wanted to know what had happened as it did not look like police work. Gohan said he must have missed it and left, while an old man who witnessed Gohan in Super Saiyan form, told Videl of the gold fighter (Super Saiyan Gohan) who had stopped the robbers.
Next it was gym class and time for baseball. Gohan did not want to show his powers, but did so without knowing as he jumped 25 feet in the air to what was supposed to be Sharpner's home run and threw it to third base so hard that the ball sizzled in the third baseman’s glove, doubling up the other baserunner. When it was time for Gohan to bat, Sharpner intentionally threw the baseball at Gohan’s face (expecting him to "duck like a sissy") as revenge for catching his home run. Gohan was unaffected and then jogged to first base as he had a walk.
悟飯が七年ぶりに超サイヤ人2に

この動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。掲載元:YouTube